1. TOP >
  2. 沿革

沿革

                                 
1947年(昭和22年) 大阪市西区にて西村 修 氏により創業
1949年(昭和24年) 協成バルブ工業(株)を設立
1952年(昭和27年) 東京営業所を開設
1953年(昭和28年) 社名を協成工業(株)に改称
1957年(昭和32年) 大阪西工場を新設(ガス用パイプニップルの生産)
1960年(昭和35年) 協成バルブ工業(株)を新生し、長野工場を設立
(バルブ・ガバナ の生産開始)
貿易業務を開始
1961年(昭和36年) (株)協成バルブサービスを設立
1965年(昭和40年) 大阪西工場を新設の南大阪工場(河内長野)に移す
1966年(昭和41年) ハヤワキ工業(株)を設立
1967年(昭和42年) (株)協成バルブサービスを協成工事(株)に社名変更
1968年(昭和43年) 東京営業所を東京支店に昇格。
南大阪工場を分離し、協成鉄管継手(株)を設立。
藤井寺工場を新設(キーロンパイプの生産開始)。
1971年(昭和46年) 滋賀工場を新設
1974年(昭和49年) 社名を(株)協成に改称
1975年(昭和50年) 協成バルブ工業(株)播磨工場を新設
1979年(昭和54年) 協成工事(株)を協成エンジニアリング(株)に社名変更
1980年(昭和55年) 協成鉄管継手(株)南大阪工場を新設の橋本工場へ移す
1985年(昭和60年) 宇都宮工場を新設(押出機によるキーロンパイプとキーロンフレキ管の生産開始)
1987年(昭和62年) 東京支店を東京本社に昇格
1988年(昭和63年) 成田芝山工場を新設(国内最大の押出機導入、キーロンパイプ生産)
1996年(平成8年) 新播磨工場を新設(キーロンPEパイプ・バルブの生産開始)
1997年(平成9年) 協成バルブ工業(株)、ハヤワキ工業(株)、協成鉄管継手(株)を(株)協成に吸収合併
1999年(平成11年) 伊藤忠商事(株)の資本参加を受ける
2003年(平成15年) 藤井寺工場を河内長野に移し、南大阪工場に改称。
創業者、西村 修 氏が取締役相談役を退任し、特別顧問に就任
伊藤忠丸紅鉄鋼(株)が当社の筆頭株主となる。
2004年(平成16年) 大阪本社を西区千代崎に移転
2005年(平成17年) 播磨工場の金属バルブ生産ラインを長野工場に移設し、キーロンPEパイプ・バルブ生産ラインとして播磨工場・新播磨工場を統合し、播磨工場に改称。
福岡支店を博多区から東区に移転。
2007年(平成19年) 創業者、西村 修 氏 逝去
2008年(平成20年) 南大阪工場を閉鎖し、橋本工場に統合
2010年(平成22年) 名古屋支店を昭和区から港区に移転。
播磨工場のPEパイプの製造を中止し、新たに成田芝山工場よりキーロンフレキ管ラインを移設。
2011年(平成23年) 滋賀工場のキーロンパイプの製造を中止。
成田芝山工場を拡張し、キーロンパイプの製造設備を増設。
2012年(平成24年) 東京本社を墨田区緑から中央区日本橋蛎殻町へ移転
2013年(平成25年) 宇都宮工場を閉鎖し、成田工場へ統合

ページトップへ▲