1. TOP >
  2. KN分岐工法(平成18年度技術賞受賞)

ガス用配管機材

平成18年度 技術賞受賞

KN分岐工法(活管分岐バルブ工法)

作業風景

特長

全溶接バルブの採用で
スピーディーな施工とコストダウンを実現!

  1. コストダウン
    • フィッティング部材に全溶接バルブを使用することで、分岐後は分岐バルブとして使用可能。その結果、分岐バルブの設置が不要となりコストダウンが図れます。
  2. 容易な施工性
    • 軽量コンパクトな施工工具を開発・採用したことでフィッティング設置時のみ重機を使用。
      専用工具も必要としないので、容易でスピーディーな施工が可能となります。
  3. 多様性
    • 全溶接バルブはシート部の蘇生機能の有無により、2種類から選択が可能、より一層のコストダウンが可能です。

特長

仕様

  1. 適用管種 鋼管 (SGP)
    適用圧力 1.0MPa未満
    適用管径 同径分岐 : 100A、150A、200A
    異径分岐 : 200A×150A、300A×200A
    取出方向 横取出し

構成部材

作業手順

  • 1.掘削
  • 2.フィッティング
  • 3.溶接
  • 4.耐圧気密試験
  • 5.穿孔
  • 6.切粉除去
  • 7.導管取付
  • 8.活管分岐後

    (分岐バルブとして
    使用)

本商品は(社)日本ガス協会が実施する地方ガス事業者向け技術開発支援制度に基づく平成14・15年度開発テーマ「鋼管同口径活管分岐バルブ工法」の開発品です。

■共同開発メンバー
(社)日本ガス協会、習志野市企業局、武陽ガス(株)、大多喜ガス(株)、静岡ガス(株)、広島ガス(株)、

この商品は製品改良の為、予告なく変更することがあります

バルブ種類

構成部材

問い合わせ

詳しい製品詳細は、こちらのフォームよりお問い合わせ下さい。

ページトップへ▲