1940〜1970年代|ガス用配管機材(パイプ バルブ ガバナ) 水用配管機材の協成

1940〜1970年代

年代 協成での出来事
1947年
(昭和22年)
(1月)
大阪市西区にて西村 修 氏により創業。
西村 修

創業者 西村 修(1921〜2007年)

1949年
(昭和24年)
(1月)
協成バルブ工業株式会社を設立。
ガス用パイプニップル

ガス用パイプニップルの製造

当時の想い
創業者のことば
1952年
(昭和27年)
(2月)
東京営業所を開設(現 東京本社)。
その頃の協成
創業者のことば
1953年
(昭和28年)
(1月)
社名を協成工業株式会社に改称。
(4月)
京都に営業所を開設。
その頃の協成
創業者のことば
1957年
(昭和32年)
(11月)
大阪西工場を新設 (ガス用パイプニップルの生産を開始 )。
大阪西工場

当時導入された米ランジス製『自動ニップル製造機(2機)』

  • 鋳鉄製瓦斯型スルースバルブ ゲート弁 を発売開始。
  • 鋳鉄製フランジ形プラグバルブ レバー式(KPF-100,101D)を発売開始。
  • 鋳鉄製フランジ形プラグバルブ ウォーム式(KPF-201F)を発売開始。
1958年
(昭和33年)
(7月)
名古屋に営業所を開設(現 名古屋支店)。
1959年
(昭和34年)
  • 大阪本社ビルを新築(旧大阪支店)。
竣工当時の本社ビル

竣工当時の本社ビル

その頃の協成
創業者のことば
1960年
(昭和35年)
(2月)
協成バルブ工業株式会社を新生し、長野工場を新設(バルブ・ガバナ の生産開始)。
建設当時の長野工場

建設当時の長野工場


(5月)
福岡営業所を開設(現 福岡支店)。
(5月)
貿易業務を開始。
  • 鋳鉄製フランジ形アングルバルブ ストップ弁を発売開始。
  • サービスコック・鉄コック・砲金コックを発売開始。
1961年
(昭和36年)
(1月)
四日市に出張所を開設(現 四日市営業所)。
(7月)
広島に営業所を開設。
(11月)
株式会社協成バルブサービスを設立。
1963年
(昭和38年)
(3月)
北九州に営業所を開設。
(6月)
姫路に出張所を開設(現 岡山営業所)。
(7月)
静岡に出張所を開設。
  • KRFガバナを発売開始。
1964年
(昭和39年)
  • KRガバナを発売開始。
1965年
(昭和40年)
(4月)

大阪西工場を新設の南大阪工場(河内長野市)に移し、同時に防食鋼管(キーロンパイプ)の研究開発を開始。

キーロンパイプ

キーロンパイプ(当時は黄色)

その頃の協成
創業者のことば
  • KFガバナを発売開始。
  • KSガバナを発売開始。
1966年
(昭和41年)
(11月)

ハヤワキ工業株式会社を設立 (風呂釜の生産を開始 )。

ハヤワキ工業の風呂釜
その頃の協成
創業者のことば
1967年
(昭和42年)
(6月)
株式会社協成バルブサービスから協成工事株式会社に改称。
1968年
(昭和43年)
(7月)
南大阪工場を分離し、協成鉄管継手株式会社を設立。
(10月)

藤井寺工場を新設(ガス用硬質塩化ビニル外面被覆鋼管キーロンパイプ生産開始)。

藤井寺工場

藤井寺工場

その頃の協成
創業者のことば
1969年
(昭和44年)
(4月)
キーロンパイプが、大手ガス会社に採用される。
(10月)
札幌に駐在所を開設(現 北海道営業所)。
1970年
(昭和45年)
  • 鋳鉄製GM型スリースバルブを発売開始。
  • KPガバナを発売開始。
1971年
(昭和46年)
(10月)

滋賀工場を新設。藤井寺工場での生産・開発・研究体制を終了。

滋賀工場

滋賀工場

その頃の協成
創業者のことば
1972年
(昭和47年)
(7月)

キーロンパイプを黄色より緑色に変更。

キーロンVG

キーロンVG

(7月)
滋賀工場にて、水道用硬質塩化ビニル内外面ライニング鋼管
〔キーロンDX(デラックス) :現在の LP-VD〕を協成単独で試作・開発に着手。
(7月)
JWWA K 116(水道用硬質塩化ビニル内面ライニング鋼管)として規格制定される。
1973年
(昭和48年)
(1月)
滋賀工場が社団法人 日本水道協会検査工場の認定を得る(第R-13号)。
  • KRLガバナを発売開始。
1974年
(昭和49年)
(8月)

株式会社協成に改称。

株式会社協成ロゴ
1975年
(昭和50年)
(1月)
協成バルブ工業株式会社播磨工場を新設(バルブ・コックの生産を開始)。
(2月)
鹿児島に事務所を開設(現 南九州営業所)。
  • ダクタイル鋳鉄製フランジ形プラグバルブ(KPF-302D)を発売開始。
1976年
(昭和51年)
  • メーターガス栓を発売開始。
  • ダクタイル鋳鉄製フランジ型ボールバルブ(KBF-500D,501D)を発売開始。
  • KAガバナを発売開始。
1977年
(昭和52年)
(3月)
本社ビルを新築すると同時に大阪支店を開設。
(4月)
水道用硬質塩化ビニル内外面ライニング鋼管(キーロンDX)外面グレー色を生産開始。
(4月)
協成の独自規格決定し製品化・量産体制へ移行。
その頃の協成
創業者のことば
1978年
(昭和53年)
(2月)
大手ガス会社にキーロンパイプVGが採用される。
  • ダクタイル鋳鉄製GMⅡプラグバルブ(KPM-310D)を発売開始。
1979年
(昭和54年)
(5月)
協成工事株式会社を協成エンジニアリング株式会社に改称。
(8月)

消火用硬質塩化ビニル外面被覆鋼管(キーロンVF)外面ライトブルーを発売開始。

キーロンVF
その頃の協成
創業者のことば