2010年代|ガス用配管機材(パイプ バルブ ガバナ) 水用配管機材の協成

2010年代

年代 協成での出来事
2010年
(平成22年)
(3月)
成田芝山工場フレキラインを播磨工場へ移管。
(6月)

バルブ遠隔操作ユニット・通信機能付電動アクチュエータの受賞。

(11月)
成田芝山工場を拡張。
(12月)
名古屋支店を名古屋市昭和区鶴舞から名古屋市港区作倉に移転し倉庫と統合。
(12月)
滋賀工場を閉鎖。
  • KN遮断工法(KNS-E,C)を発売開始。
  • バルブ遠隔操作ユニット付きスチール弁(KBW-VRC-710S)を発売開始。

    バルブ遠隔操作ユニット付きスチール弁(KBW-VRC-710S)

    バルブ遠隔操作ユニット付きスチール弁(KBW-VRC-710S)

2011年
(平成23年)
(3月)
神奈川営業所を海老名市本郷から綾瀬市に移転。
(4月)

長野工場でリボーン活動を開始。

(6月)
成田芝山工場で新ライン稼働。
2012年
(平成24年)
(4月)
北関東営業所を群馬県伊勢崎市から栃木県さくら市に移転。
(5月)
東京店が墨田区緑から中央区日本橋蠣殻町に移転。
(7月)
橋本・播磨工場で生産しているHF25Aフレキ管・継手を製造終了。
(12月)
橋本工場で生産しているHFワンタッチ継手を製造終了。
2013年
(平成25年)
(3月)
北九州営業所を小倉北区西港から北区東港に移転。
(11月)

厚生労働大臣と大阪市環境局から表彰。

厚生労働大臣より表彰

厚生労働大臣からの表彰状

大阪市環境局長より表彰

大阪市環境局からの表彰状

(12月)
宇都宮工場のVDラインを停止し、宇都宮工場を閉鎖。
2014年
(平成26年)
(3月)
橋本・播磨工場で生産しているHF10Aフレキ管・継手を製造終了。
(7月)
宇都宮工場を売却。
2015年
(平成27年)
(9月)
成田芝山工場に半切設備を設置し、半切り製品を販売。
(10月)
北九州営業所を小倉北区東港から北区西港に移転。
2016年
(平成28年)
(3月)
成田芝山工場のDL-Eを製造終了。
(6月)
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社の100%子会社となる。
(7月)

STGガバナユニット販売開始。

STGガバナユニット

STGガバナユニット

2017年
(平成29年)
(1月)
創業70年を迎える。
2018年
(平成30年)
(3月)
メーターガス栓を製造終了。
(4月)

キーロンLP-VDの外面被覆をEXライン、内面をIHラインで生産開始。

新方式でのLP-VD

新方式でのLP-VD