2000年代|ガス用配管機材(パイプ バルブ ガバナ) 水用配管機材の協成

2000年代

年代 協成での出来事
2000年
(平成12年)
(4月)
消火設備用巻出管(キーロンKSP-WB)が日本消防設備安全センター防火区画貫通の消防評定取得 (評12-025号)し、発売開始。
(6月)
消火設備用巻出管(キーロンKSP-WO)が日本消防設備安全センター防火区画貫通の消防評定取得 (評12-036号)し、発売開始。
  • 全溶接型直埋式スチール弁(SSタイプ)の開発。
2001年
(平成13年)
(2月)
ガス用フレキシブル管 32Aを発売開始。
(5月)

付帯装置一体型ガバナの開発。

付帯装置一体型ガバナ(当時の試作品)

付帯装置一体型ガバナ(当時の試作品)

(6月)

小型ガバナ(KHガバナ)の開発。

(9月)
宇都宮配送センター増築。
2002年
(平成14年)
(3月)
創業者 西村 修氏が会長を退任し取締役相談役に就任。
(3月)

消火用ポリエチレン外面被覆鋼管(キーロンPF)を発売開始。

キーロンPF

キーロンPF

(6月)

付帯装置一体型ガバナの受賞。

表彰状・記念品

表彰状・記念品

(7月)
大手ガス会社にキーロンGSが採用される。
(10月)
宇都宮工場生産分のガスフレキを成田芝山工場へ集約。
(11月)
滋賀工場がISO 9001を取得。
  • 全溶接型直埋式スチール弁(KBW-710S)をモデルチェンジ。
  • KN分岐バルブ工法(KHBT-FVW,FVS)を発売開始。

    KN分岐バルブ工法

    KN分岐バルブ工法

2003年
(平成15年)
(3月)
創業者 西村 修氏が取締役相談役を退任し特別顧問に就任。
(3月)
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社が筆頭株主となる。
(3月)
消火設備用巻出管(キーロンSP)を製造終了。
(4月)
パイロット駆動式 付帯装置一体型ガバナの開発。
(11月)
宇都宮工場がISO 9001を取得。
2004年
(平成16年)
  • 新潟に営業所を開設。
  • 南大阪事務所を閉鎖。
  • 神戸営業所を神戸市から大阪支店内に移転。
(4月)

ガス用ロケーティング保護機能付ポリエチレン管(キーロンPE-LT)を発売開始。

キーロンPE-LT
(7月)
ガス用フレキシブル管 32Aを製造終了。
(8月)
大阪本社を西区千代崎に移転し、大阪支店を旧本社ビルに移転。 本社別館を閉鎖。
(9月)
新播磨工場においてガスフレキを製造終了。
(10月)
成田芝山工場がISO 9001を取得。
(10月)
新播磨工場生産分のガスフレキを成田芝山工場へ集約。
2005年
(平成17年)
(1月)
播磨工場の金属バルブを長野工場に移管し、キーロンPEパイプ・バルブ生産工場として、播磨工場・新播磨工場を統合し、播磨工場に改称。
(1月)

キーロンホットステンレスフレキ管HFワンタッチ継手を発売開始。

HFワンタッチ継手

HFワンタッチ継手

(2月)
福岡支店が博多区須崎町から東区箱崎ふ頭に移転。
(3月)
ガス用硬質塩化ビニル外面被覆鋼管(キーロンVG)及びVG継手を製造終了。
(4月)
消火用ポリエチレン外面被覆鋼管(キーロンPF)・VBニップルを製造終了。
(5月)
神奈川営業所が磯子区磯子町から海老名市本郷に移転。
(7月)
ガス用ロケーティング保護機能付ポリエチレン管(キーロンPE-LT)が日本ガス協会技術賞受賞。
(10月)
滋賀工場キーロンLPが日本水道協会 第三者認証を取得。
(11月)
南九州営業所が南栄から桜ヶ丘に移転。
(12月)
橋本工場においてパイプニップルを製造終了。
(12月)
京都営業所が南区上鳥羽石橋町から南区上鳥羽塔ノ森東向町に移転。
2006年
(平成18年)
(12月)
受口付排水用塩化ビニル内面ライニング鋼管(キーロンDL-E)を製造休止。
2007年
(平成19年)
(1月)
創業60年を迎える。
(1月)
全社がISO14001を取得。
(4月)
消火用塩化ビニル外面被覆ステンレス鋼管(キーロンSUS-VF)を発売開始。
(4月)

ガス用ロケーティング保護機能付ポリエチレン管(キーロンPE-LT)用LTワンタッチコネクターを発売開始。

ガス用ロケーティング保護機能付ポリエチレン管(キーロンPE-LT)用LTワンタッチコネクター

LTワンタッチコネクター

(6月)
播磨工場がISO 9001を取得。
(6月)

ピットイン小型ガバナの受賞。

ピットイン小型ガバナ

ピットイン小型ガバナ

(8月)
成田芝山工場に播磨工場のガスフレキ生産設備を移設。
(9月)
長野工場がISO 9001を取得。
(9月)
東北営業所が伊在字東通から卸町東に移転。
(10月)

受口付排水用塩化ビニル内面ライニング鋼管(キーロンDL-E)を再発売開始 (宇都宮工場生産)。

キーロンDL-E

キーロンDL-E

(10月)
創業者 西村 修氏が逝去。
(11月)

故西村修お別れの会。

(12月)
排水用塩化ビニル内面ライニング鋼管(キーロンパイプDL-VB)を製造終了。
2008年
(平成20年)
(3月)
橋本工場におけるキーロンパイプVIの生産を終了し、製造拠点を宇都宮・成田芝山工場に移管、押出方式に集約。
(4月)
STPG-VFパイプニップルを発売開始。
(6月)
南大阪工場を橋本工場に移管し、被覆管ニップル・可とう管・HF継手の生産及びライニング鋼管用継手の配送作業を開始。
(8月)
橋本工場に被覆ニップル用NC旋盤を追加導入し、2台体制とする。
(11月)
排水用塩化ビニル内面ライニング鋼管(キーロンパイプDL-VA)5.8mを発売開始。
(12月)
キーロンTIを製造終了。
(12月)
HF単山が日本消防設備安全センター防火区画貫通の消防評定取得。
(令8区画 床 評定番号 RK20-008号 壁 評定番号 RK20-007号)
(共住区画 床 評定番号 KK20-024号 壁 評定番号 KK20-025号)
  • KCSガバナを発売開始。

    KCSガバナ

    KCSガバナ

2009年
(平成21年)
(6月)
北関東営業所を栃木県さくら市から群馬県伊勢崎市に移転。
(6月)

「中圧鋼管活管遮断工法」技術賞受賞及び都市ガスシンポジウム出展。

記念品・表彰状

記念品・表彰状

(6月)

ISO9001の取得。

ISO9001認証登録証

認証登録証

(9月)
ガス用キーロンPE及びPE-LTを製造終了。
(10月)

KN遮断工法デモの開催。

(12月)
長野工場ガバナ検査設備を増設し、検査設備1次圧力を増圧。
(12月)
広島営業所を広島市中区から広島市西区に移転し倉庫と統合。